は~とインフォ

今とこれから

うつ病治療の現状と今後

 うつ病患者は年々国内においては増加傾向にあり、減る傾向は現在のところありません。社会環境の変化によっても発生する傾向がありますので、うつ病とどう向き合っていくかは課題といえます。  通常うつ病の治療においては抗うつ剤の投与が一つの手段です。しかし、抗うつ剤はかなり進化して辛い副作用は抑えられるようになったものの未だに副作用については研究課題となっています。他にも様々な治療方法が取られていますが、まだ解明できていない部分もありますので原因究明と対策は望まれています。  しかし、現代の医療技術において副作用がほとんどなしで行われる新しい治療方法も出始めています。それがTMSあるいは磁気刺激治療とも呼ばれる方法です。

注目されている新しい改善方法の内容と注意点

 この磁気刺激治療のメリットは、とにかく楽に治療を受けることができます。抗うつ剤のように吐き気・食欲不振・情緒不安定などの様々な副作用に悩まされるよりははるかに軽微なことが特徴です。  うつ病は心の病気というよりも脳の病気として見ていますので、脳に磁気による刺激を与えることで脳内の動きを活性化することを目的に開発されています。  ただし、この治療方法は効果に個人差があり効くかどうかは一定ではないことが一つの課題です。それでも、一度は試してみる価値のある治療方法として医学会で注目されています。  アメリカではこの治療方法がかなり知れ渡っており、日本においても導入され始めています。今はまだ国内では一般的とはいえない部分もありますが、安全性の高さから今後普及が期待されています。